レディー

我が家に緑を|芝生の有効性と芝張りの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

雑草取り

庭の手入れ

雑草は気がつけばそこに生えています。抜いても抜いてもどこからともなく庭に根を張り家の景観を乱します。また、庭だけならまだしも、雑草は田畑にも生え、根を下ろします。畑に生えた雑草は、土の栄養を吸い取り成長し、作物の成長を阻害してしまいます。そのため、良い作物を採取するためには定期的な草取りで雑草を抜かなければなりません。
草取りで重要なのは、根っこもきちんと取ることです。表面の草を処分したとしても、根っこが取れてなければまた成長し、雑草が生えてしまいます。そのため、草取りの秘訣は根を抜くことにあります。基本的に、草取りは引っこ抜くのではなく、土を掘るつもりで根っこ草の夫君の土を掘り根っこを探し当てます。そして、ちぎれないように引っこ抜きましょう。大体の目安として、3センチしたあたりまで掘り返すのが良いとされています。それ異常掘るのも良いですが、そうなると後で土を戻すのが面倒となってしまいます。
また、草取りの注意点としては、必然的に草が育ちやすい夏場に行うのが主となるため、日光対策をするということを忘れないようにしておきましょう。もし対策をしていなかった場合、日光による熱射病になることが多く、他にも脱水症状を起こすといったことにもなりかねないからです。よって、防止と水の準備は行っておきましょう。また、掘り返した土に酸化マグネシウムを混ぜることで雑草の成長を抑える効果があるとされ、雑草対策に使用することも多いです。