女性

我が家に緑を|芝生の有効性と芝張りの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

芝生を養生する

草刈り

芝生は、家に豊かな緑をもたらしてくれます。きれいに生えそろった芝生は緑の絨毯のようであり、思わず寝転がりたくなってしまうほどです。芝生が生えていることで、転んでも柔らかいためケガをしにくかったり、庭の見た目をぐっとよくしてくれます。そんな芝生の芝張りは、その気になれば自分で行うことも出来ます。芝生は、ホームセンターやガーデニングなどの通販サイトで普通に販売されており、少し手間がかかりますが方法さえわかれば比較的簡単に植えることが出来ます。
芝張りは、まず整地作業で庭をならし、平にします。その後上に砂を撒き、更にその上に芝張り用の床土を敷き、平にします。そしてそれを踏み鳴らし、水を撒き、その上に買ってきた芝生を張ります。あとは芝生が養生し、床土に根を張れば芝張りは終了です。その後は自然に育っていきます。注意点としては、芝張り後は芝生は成長するので、定期的なお手入れが必要になるので定期的な芝刈りをする必要があります。芝刈りをする時間がない場合は人工芝を使用するのも一つの手段ですが、若干コストは高くなります。
もし、庭が広いのであれば、自分で芝張りをするよりも業者に任せて芝張りをしてもらったほうが仕上がりが綺麗ですし、準備に大量の砂や土を揃える必要がありません。よって、庭の規模によっては自分で行うよりも業者に相談し、料金の見積もりの相談をしつつ芝張りの作業を任せましょう。また、芝生のお手入れも同様に業者に依頼することが可能です。

雑草取り

庭の手入れ

雑草というのはどこからともなく種が飛びそこから草が生えてしまい、放置していると庭が草でボウボウになってしまいます。そのため、庭の景観を保つためには草取りが重要です。

Read

芝刈りの装備と心得

作業員

芝刈りを夏に行う際に、準備をしているのといないのとではまるで違います。準備不足の場合、夏に行ったら健康に害が及ぼされることもあるので準備は怠らないようにしましょう。

Read

草刈り機の有効性

ハサミ

庭の芝生を同じ長さに揃える草刈り機は、芝刈りにおいて非常に有効な役目を果たします。しかし、草刈り機が高くて買えないという場合は、レンタルをするという方法もあります。

Read